佐々陽太朗が案内する ぶらり居酒屋の旅いごっそう、はちきんと酒酌み交わす高知の夜

  • おすすめ
  • YUI PRIMA
  • 2宿泊
    高知1泊2日
  • 料金
    43,000円〜45,000円
  • 出発日
    8月23日(木)9月19日(水)

東北の無口な酒、東京の気どった酒、松本の背筋の伸びた酒、はてさて高知は・・・
一世帯あたり飲酒にかける費用No.1の高知県。その金額は全国平均の2.2倍、酒飲み偏差値は91.4と他県の追随を許さない酒飲み天国である。何につけても酒、酒、酒。古くから受け継がれた愉快で破天荒な酒文化は他県民にとって憧れであり、酒國高知はまさに酒飲みの聖地なのだ。それだけに居酒屋のレベルは際立っている。古くから愛されて来た老舗の数々、路地裏に何気なく佇む居酒屋、はたまた屋台にいたるまで本当にハズレがない。酒場に対して目利きの土佐人に日々鍛えられているのだから当然のことだろう。老舗を予約してじっくり腰をすえるも良し、「55番街」「宵まち横町」「おびや町小路」など酒場が密集する路地をハシゴしてまわるも良し、いかようにも酒と肴を楽しめる。そして〆の屋台ははずせない。たまたま席を隣り合わせた”いごっそう”と”はちきん”と気さくに酒を酌み交わす夜は果てしなく続く・・・