【日本再発見の旅】天然とらふぐの宿「角上楼」と「蒲郡クラシックホテル」で味わう三河牛の鉄板焼き

  • 受付終了
  • 人気
  • YUI PRIMA
  • 2宿泊
    愛知1泊2日
  • 料金
    129,000円〜145,000円
  • 出発日
    12月6日(木)

昭和の空気を今に残す名宿「角上楼」で河豚尽しに舌鼓を打つ。知られざる贅沢である。宿の主人が自ら包丁を握り、バリエーション豊かな河豚料理に仕立てる。河豚を堪能した翌日は、昭和初期の名建築を今に伝える「蒲郡クラシックホテル」で名物鉄板焼を味わう。昭和の香りと平成の味を愉しむバス旅。秋から冬にかけて美味しくなる魚といえば、まず河豚が頭に浮かぶ。そしてその河豚の本場といえば下関。長くそう思い込んできたが、実は〈渥美の河豚〉も食のプロのあいだでは知られた存在なのだと近年知った。渥美で揚った河豚が下関に送られることも少なくないと聞く。昭和の空気を今に残す名宿「角上楼」で河豚尽しに舌鼓を打つ。知られざる贅沢である。宿の主人が自ら包丁を握り、バリエーション豊かな河豚料理に仕立てる。河豚を堪能した翌日は、昭和初期の名建築を今に伝える「蒲郡クラシックホテル」で名物鉄板焼を味わう。昭和の香りと平成の味を愉しむバス旅。(文・柏井 壽)

受付終了しました