コースNo. 2206

紅の色が鮮やかなベンガラ格子と石州瓦の街並みを散策します ベンガラの里 備中吹屋を歩く

  • 人気
  • PRIMA 32
  • 1日帰り
    岡山
  • 料金
    19,500円
  • 出発日
    10月11日(金)10月16日(水)10月26日(土)

江戸時代から明治にかけて銅山とベンガラで栄えた備中吹屋、ベンガラ商人たちの邸宅は赤銅色の石州瓦と紅いベンガラで作られて、今でもそのままに残っています。映画「八墓村」のロケに使われた広兼邸は江戸時代の城郭のような重厚な建物で、いまでもその富豪ぶりを伝えています。

担当プランナー

林 彰アドバイザー

“たび”を求めて

家族旅行、出張の旅など旅行には様々な形がありますが、自分だけの旅を求めるのもまた人生の楽しみのひとつです。高級とよばれる旅館に泊まるなど、いわゆる高価な旅行ではなく、お客様のおもてなしにこだわる宿に泊まり、その土地でしか食せない食材にこだわるレストランで食事をしたり、そこでしか見ることのできない景色を眺めるなど、そんな特別な体験ができる、旅行ではない“たび”を造ることを心がけています。